So-net無料ブログ作成
検索選択

相棒シーズン10 終了  [ドラマ]

終わっちゃいましたね。

神戸君がなんかやらかす嫌な展開…みたいな噂がありましたが、彼の至極真っ当な人情論物語だったので良かった。

クローン技術の問題でしたが、まあもともとクローン技術の野望の終着駅は、都合の良い人間を作ることだし。感情を持たせない、死んでも問題ない兵士とかね。
そんなのに比べれば、自分の夫と子供が事故で亡くなり自殺未遂までした女性が、クローン技術の研究に精通している母の協力で子供の遺伝子をもった赤子を望んで妊娠した…まあ可愛いものだ。
神の領域への冒涜というけど、正直今の医学も既に領域に達してますし。
決められた死の運命を身体の中をいじることで覆してしまう訳ですから。結果的に誰もが喜ぶからいい事としてしまってるだけですね。

ただ物語では、この事が問題で妊婦が兄(クローンの子を産む事を反対しているクリスチャン)を殺害してしまっているので、事件にはなってしまうわけですが。
母親が娘の身代わりになって出頭しましたが…。
右京さんは相変わらず真実を暴くことにやっきになります。
反して神戸君は、この事を公にしたくないお上の方達から連絡があり事実を隠すように頼まれます。もっとも彼の場合は、頼まれなくても産まれてくる子供の将来を考えてクローンだという事を隠してやりたいという思いがあったようですね。

母娘を連行する時に、右京さんの隙をついて娘だけ連れて神戸君は逃げてしまいました。
で、右京さんを脅します。
公にするなら子供を殺すと。さすがの右京さんも正義を貫く決断をすることはできませんでした。これでできたら鬼畜としか言いようがないが。

女性は、最終的には身体の無理が災いして子供を流産してしまうんですね。可哀想に。
事実をはっきりさせ罰を受けさせる。右京さんの考えは正しいわけですが、その事で起きるとばっちりややっかい事のフォローは発展途上な国ですからねえ、我が国は。もっと簡単な問題でも対処できないしやる気もないので、被害者が報われないケースも非常に多い。今回の場合、コトが公になった後にもし子供が産まれていたら、やはり幸せには生きていけなかったでしょうね。

冒頭で神戸君が、死んだ人間にもう一度会えるなら、再生させたいと思う気持ちがあるみたいな事を言ったのですが、以前自分の関わった事件で嘘の証言をしてしまったため刑務所送りになり、出所後自殺してしまった男性(後に冤罪とわかる)の事を考えてたみたい?



しかしなあ、神戸君いなくなるのかー。もう、薫ちゃんからやっと慣れたというのに。
また水谷氏(右京さん役)がうだうだとワガママ言ったんじゃないだろうな。
神戸君の今後が気になりますが、新しい相棒は誰になるやら。

最初はエリートと熱血のコンビで薫ちゃんがいい感じでした。
次はエリートと…てなった時、及川氏自体は歌手として好きだけど正直期待していませんでした。
でも始まってみたら、エリート+エリートも面白いなと思うように。エリートといっても頭脳で衝突し合うわけじゃないし、神戸君はくだけてるタイプなので、結構新鮮でだんだん馴染んできました。
…のにね。次誰でしょ? 同じ熱血タイプがきても薫ちゃんには劣るだろうし、ツンとしたエリートがきてもうざいし。ボケーッとしたおっとりさんがきたら微妙だしな。後がまは責任重大ですな。

一課、二課、鑑識は絶対に替えるなよ!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。