So-net無料ブログ作成

『シアトリズム ファイナルファンタジー』とか…ディシディアとか… [ファイナルファンタジー系]

ニンテンドー3DSから今冬発売予定の『シアトリズム ファイナルファンタジー』。

なんだか面白そうです。3DSはまだ 『戦国無双 Chronicle』 しかやってないので、今から楽しみですな。
リズムゲームはあまりやったことありませんが、FFの歴代作品の曲でリズムアクションっていうのはすごく魅力があります。基本アレンジではなくオリジナル曲を使用とのこと。
んー、原曲の方が確かにいいんだけど、リズムとれる曲調とそうでない曲調とあるのはどうフォローするんだろう。曲数は50曲以上だそうです。

↓ 公式サイトはこちら ↓
http://www.square-enix.co.jp/t_ff/



butz.jpg
雑誌に載っていたバッツとチョコボ。

DSソフト『キングダムハーツ Re:coded』『キングダムハーツ モバイル』に出てくるアバターのイラストが原型ですね。これを綺麗にCGイラスト化したもの。
公式サイトでは、WOL・ライトニング・クラウド・バッツ・たまねぎ・チョコボの姿が見られます。とても可愛いですよ! マウスで触るとバッツだけこけるのが複雑な気分だけど…ゲーム中で、攻撃に失敗するとみんなこけるらしいのでまあいいか。もうバッツを馬鹿扱いするのはやめてね。

曲にあわせて各作品の画像やムービーが入るらしいです。「スコールとリノアが踊るムービーに合わせてダンスシーンの曲が流れ出す。もうこれだけで鳥肌モノです。」とゲーム雑誌内で語っている方がいました。私個人としては違う意味で鳥肌がたちそうだ。
映像が見れるのも面白いと思うけど、どっちかというと3DSの機能を活かしてこれでもかってくらい色々な遊びができるようにしてほしいな。ムービーは見応えあるけど無駄に容量くうでしょ…。アバターパーツの着せ替えとかあったらいいのに…残念ながら、それはないと野村氏が語ってたけど。そのかわりアビリティのカスタマイズができるそうです。もっとも、アビリティがなんなのかわかりませんけどね。

まだそんなに詳細はわかっていませんが、長く遊べる凝った内容になることを望みます。力は入っているみたいなので、期待できそうです。頑張ってください、野村さん率いるスタッフの方々。
そして、ティナのイラストが早く見たい。

登場キャラは、各作品(1~13)の主人公、歴代シリーズの印象的なモンスター、チョコボやシドといった『FF』シリーズに欠かせないキャラなどが登場するそうです。また、微妙な書き方だなあ。
これでDDFFのメンバー丸ごともってきたらぶっ飛ばしものだ。カオスはいいけども。もう無駄な一部贔屓は勘弁願いたいです。いくらでもキャラなんて描きおこせるんだから、セーラとかミンウとかリディアとかその他大勢を出せって、ねえ。じゃないとオールスターの意味がないのよ。特に7贔屓はやめれ[バッド(下向き矢印)] 
まあ、野村氏が中心に頑張った作品だから優遇したい気持ちはわかるけどね。
でも『ディシディア』ではやるべきじゃなかったね。今後は気をつけてほしいものです。
ファン投票でったってさ、当時の歴代のファンがそんな投票に参加するわけないじゃない。
当時の意見を参考に検討するべきでしょう。
アシスト専用だって、エアリス一人だけ。個人的にエアリスは大歓迎でしたが、
総合的にいうと7贔屓なのは嫌です。
後に他キャラも出ると思っていたから最初はしょうがないかと思ってましたが、結局もう出さなそうなので…
4thフォームだってそうです。カオスとフリオニールとティーダとプリッシュを何故出さない…セフィロスは出たけど…
プリッシュは衣装なんか腐るほどある! フリオニールはPSのCGイラスト版か、ドット版か、鎧なしとかでいいじゃない。ティーダは衣装がなければ描きおろしでいいのに。天野氏に頼むのは無理だとしても、野村氏が描けばいいわけだから。
こういうところで文句は出ないと思いますよ。偏る方がよっぽど荒れます。

シアトリズムの参戦者は、一番無難なのはやっぱり主人公だけにすることですかね。いや、本当は色々と登場してほしいけども。
FF6はティナがくるでしょう。この作品は誰が主人公かで昔からもめてるけど、ティナはキーキャラ扱いなので、どうしても優先順位があがってしまう。

ディシディアのティナは弱気で守られキャラという、原作とは違ったイメージで描かれているけど、そういう描写になるのもわかる気がします。変な世界に飛ばされ心を操られて戦わされたあげく、我にかえったらあんな武装した野郎どもに囲まれてるんだもの…そりゃ弱気になるでしょうね。現実世界で考えたら恐ろしいわ。

原作が強すぎたんだと思います。物心つかないうちに拉致られ子供時代も思春期も奪われ、正気に戻ったら自分が今まで人外なパワーで人を殺してきたことがわかって、そもそも人間でもなくて…なんて。
ただ、感情が乏しかったからこそ、逆に耐えられたんだと思います。
普通の感情を持っていたら、セフィロスのような悲しい道に進んでしまってたかもしれません。
nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『最後の約束の物語』をプレイしました [ゲーム]

なんというか、すっごい手抜きでしたね…
雑誌などではいい感じに見えていたのですが、中身はスカスカでした。

RPGとしても、キャラゲーとしても中途半端。
一応気にいったキャラとエンディングをむかえられるシステムなんですが、ムービーは主人公とヒロインがほとんどで、他のキャラは空気扱い。会話しないどころかその場にすらいない。
ボイスありな作品ですが、ほとんどの会話がボイスなしです。声優使ってる意味があまりなかったですね。
これはちょい昔のPSゲーム『サーカディア』並にもったいない使い方です。もっとも、サーカディアはよくできた作品だったんで不満はありませんでしたが。

ストーリーも、設定は重いのに展開は単純。城が敵に包囲されているので、拠点は最初から最後まで同じ場所。城の傍の居住区などにいる民間人を救出するため、クエスト形式で主人公達は出撃するんですが、またこのダンジョンも同じところを行って戻っての繰り返し。探索する楽しみもありません。
一日って設定なのでだらだらする時間がないのはわかるんですが…もともと無理な話なんですよねえ一日なんて。
展開も唐突すぎて、結局全員のストーリーを見てもあまりわからなかったです。
ビジュアルと音楽は素晴らしいできだったので、手を抜いたのはすごくもったいないと思いました。

戦闘は補助魔法駆使しないと死にまくる位のシビアさで面白いです。難易度設定があるのでイージーにすれば簡単かもしれないです。


face01.jpg

私がEDをむかえたのはこの方達。
左から、リゼット・カイン・ラシュディ・マラルメ・ジャイロといいます。リゼットはバッドEDの時に特殊な台詞が見れるだけですけど、その会話が結構良かったです。
男性はカインが好みです。少年だったのはちょっとなーなんですが、でも性格も顔も好き。戦闘も非常に役立ちます。
女性はマラルメ。これも性格、顔、声ともに素敵でした。話もよかった。

ヒロインは攻略しません。
典型的な姫さんなんで全く興味わきませんでしたね…声はいいんだけどな。でもムービーやメインイベントは姫さんばっかり出てくるんでうんざりしました。
主人公とヒロイン以外のパーティキャラは、【ロスト】といって設定された精神力がゼロになると死んでしまうというシステムなので、ムービーをキャラ分作る気がないなら姫さんしか出せないんだろうなーと…こんな大事なところで手ェ抜くなよって感じです。
キャラEDを見るには誰かをロストしなければならないので、サーシャという少女に亡くなってもらいました。本当はロスト対象は姫さんなんだが! 姫さんは試しにロストさせてみたらその場でゲームオーバーでした。

主人公が人外なパワーを生み出すために誓いをたてたキャラと身体と心を結ぶって話があるんですね。
相手が男性だろうと合体するそうだ。さすがに男性はそんな場面はカットされていたが。
ただ、あくまでもカットされていただけで、合体はしたんだと思われる。
そんな大胆な設定にしたんなら、度胸見せてみろとも思うんだけど。『ブラックマトリクス』見習いなさい。

まあそこはおいといても、そんな契りを結んだ大事な人がいるにもかかわらず、ラストの戦いのムービーでは主人公の横に突っ立ってんのはやっぱりお姫さん一人だったりする。ああもう萎える…
だったらもう二人の物語にしてしまえばよかったのに。
このゲーム本当に致命的な部分で手抜きすぎ。どうしてこんなに手を抜いたんでしょうか? 不思議でなりません。
要所要所でちゃんとプレイヤーが選んだキャラが登場してくれていれば、私もこんなに姫さんをうっとうしく思う事はなかったのに。

ちなみにキャラEDも、ただアニメイラストが一枚最後に出るだけです。すごいでしょ、ギャルゲーだってもっと凝ってるよ。
こんなにEDがしょぼいのも久しぶりに見ましたね。FF7以来かしら? FF7はまだそれまでの話がよかったから許せますけどね。ホントちゃっちかったです。

最後に致命的なもうひとつを挙げます。
ムービーは、パーティキャラよりサブキャラの出番が多かったです。
というか、パーティキャラのムービーはほとんどない。びっくりするほどない。

感動したのは、主人公たちの手助けをしてくれる小さな兄妹が健気で可愛かったこと。
兄(トビー)は殺されてしまいましたが…その死を悲しみながらも妹のランは協力してくれました。

face02.jpg

もうこの子が主人公でいいんじゃないの?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

中国の高速道でバス炎上 [できごと]

【中国の高速道でバス炎上、41人死亡 定員大幅超過か】

 中国国営新華社通信によると、22日午前4時ごろ、中国河南省信陽市の高速道路で長距離寝台バスが炎上し、乗客41人が死亡、運転手ら6人がけがをした。定員を大幅に上回る乗客を乗せていたとみられ、地元当局が出火原因と併せて調べている。

 山東省威海から湖南省長沙に向かっていた寝台バスで、車体は原形をとどめないほど激しく炎上。バスの定員は35人で、出火当時は47人が乗っていたという。(河南省南陽=林望)


asahi.comより抜粋



悲惨な事故ですね。車で炎上だと逃げ場がないし、一気に燃え広がってしまいますからね…残念です。
定員オーバーだったみたいですが、もし本当にそのことが原因だったら、日本もヤバイですね。

今年もある夏のコミックマーケット…。行かれる方多いと思いますが、このイベント時の【東京←→国際展示場】間直通のバス。今回事故を起こした中国のバスレベルではありません。中国のが『定員を大幅に上回る乗客』というならば、コミケバスは『超常現象』級ですわ。定員オーバーは基本違反なので、普通の人がやるともちろん捕まります。でもこれは黙認。まあお金の為なら都も行政もなあなあにするからね…ああ、そもそも協力してるんだもんね。
電車もそうなんだけど、都内を走る電車のラッシュ時なんか超超超定員オーバーなワケで。

ま、乗り物は機械ですから、いつか壊れます。メンテナンスをしても安全ではありませんね。利用者の生存率は常に50パーセントってことです。

今年、コミケでバスを使う人、気をつけて下さいね。
炎上する可能性もあるってこと、覚悟して乗ってください。あと転倒ね。危ない危ない…私はとてもじゃないがそんなバスに乗りたくないね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ディシディア スクリーンショット捏造編 [ディシディア]

ディシディアDFFちょこちょこプレイ中です。ラビリンスはまだ途中なんですよねえ、結構先が長い。
そろそろ無線にしてオンライン対戦でもやろうかな…
アーカイブス版FF6もプレイし始めたので、時間が足りない足りない…しかしティナいいなあ、改めてそう思います。

下記にアップされているのは表題通りディシディアDFFの捏造SSなので、見たくない人はスルーしてください。個人的趣味の領域なんで^^


















バッツもてもて大作戦1[黒ハート]
012_FF_0114.jpg
フラグクラッシャーなどと呼ばれておりますが、こんな可愛い子達に囲まれたらさすがに嬉しいだろう…
ティファ「バッツは私と探索に行くのよ」
ユウナ「え、私とだよ。だって約束したんだもの」
ティファ「私も約束してたし」
ユウナ「私が先だよっ」
二人でバッツの取り合い。バッツの視線の先には、複雑な表情でこちらを見つめているクラウドとティーダがいると思います。


バッツもてもて大作戦2[黒ハート]
012_FF_0115.jpg
ファリス&レナver。色変えただけだけど…レナの髪はユウナのノーマルにすれば良かった。
ファリスは魔法剣士風です。FF5原作では、どっちにしてもバッツと女性3人の恋愛は無理だったんでしょうね。立場的な問題で。リックスの村にバッツのこと想っているっぽい女の子がいたような気がするけど、これもあの村は別に訪れなくてもいい扱いなので、とことん恋愛はどうでもいい作品だったんですね。まあ、主人公に恋愛はいらないですが。


スコエア! スコールとエアリス[ぴかぴか(新しい)]
012_FF_0116.jpg
スコール「(たまちゃんと喧嘩しちゃった…どうしようどうしようどうしようどうしようどうしようどうしよう)」
エアリス「よしよし、いい子いい子」
いい加減、スコールファンにぶっ飛ばされそうです。だって、私のイメージではスコールはこうなんですもの…
原作で一応成長していったけどね、でも私の印象に残ってるのは鬱男ってところだけ~。
キングダムハーツでは、エアリスと幼馴染らしいですね。じゃあ、少しは性格が違うのかしら? エアリスに関しては、パラレルワールドっていいなって思いました。この世界では元気に生きてるんだものね。


愛のクラティナ劇場[揺れるハート] クラウドとティナ
012_FF_0117.jpg
趣味全開です。ディシディアではほんと、このコンビ好きになってしまいました。絵的にも合いすぎ。
この二人を知ったのは、私の人生でいうともう半世紀前のこと。当時はこの二人の「ティナ」「クラウド」って掛け合いなんか想像できませんでした。同じ世界にいるなんてね。まあ、同人の世界ならありなんですが…
特にクラウドは興味ないキャラだったんで全く想像しなかった。
二人って似てるんですよね。もっとも、クラウドは私の中ではオタクってイメージだったので、ディシディアをプレイするまでは似てるなんて考えてなかったんですが。
私の原作クラウドは、意味もなくスノボーをやりまくり、雪女会いたさに雪原をうろちょろうろちょろ。ゲーセンに入り浸り、バッツのようにチョコボと大冒険! みたいな人です。雪女はボスも通常エネミーも大好きなんです。雪女ならつき合ってもいいと思ったよ。
こんなんだったんですが、ディシディアでは全然印象が変わりました。根暗全開なんだものねえ…クラウド編の話だけだったらちょっと待て!って感じでしたが、ティナ編で少し前向きになったので安心しました。
いや、セフィロスと対峙すると全く解決しないから。鬱ループするだけだから。やっぱり他のキャラと絡んだ方がいい。

012_FF_0118.jpg
ケアル中。どっちも自分の身の安全を考えずに特攻するタイプなので、治療の際は「これくらい平気」「平気じゃない」でもめそうです。

012_FF_0119.jpg
寄りそう二人。うん、絵になるな。
幸せとはほど遠くても、絶対離れないって関係が私の好みです。単純な恋愛じゃなくて、シンクロするくらいの気持ちの共有。
余談ですが、クラウドがティナにバラを差し出したシーンの絵と、一緒の夢を見ないかというティナの台詞だけをピックアップするとプロポーズし合っているようにしか見えない。

012_FF_0120.jpg
ティナ「これから先、どうなってしまうのかしら」
クラウド「さあ、どうだろうな。わからないな」
モーグリ「クポ」
ティナ「頑張らないとね」
クラウド「容易ではないけどな。そうするしかないのなら、やるしかないな」
モーグリ「クポー……」
3歩進んで2歩さがる二人。へたすると2歩進んで3歩さがりそうですがね。


ティファティナ[かわいい] ティファとティナ
012_FF_0121.jpg
ティファは結構弱気キャラってイメージがあったんですが、原作続編では強くなったのかな。
ディシディアDFFでは一生懸命頑張ってましたね。記憶がなくて少々弱気になっていました。カインやライトに仲間仲間っていうのは、一人になるのが寂しいのかもね。非常に人間らしくて良い話でした。
まあ、そんなティファもティナの事は守ってくれるでしょう(希望)。この二人会話してほしかったなあ。


バツユナ[晴れ] バッツとユウナ
012_FF_0122.jpg
強気な表情の二人。決して高みの見物をしているわけでも悪だくみをしているわけでもない。
バッツは色々なキャラに馬鹿扱いされていますが、ユウナには比較的好印象でした。ティーダでも充分ですが、ユウナの世界にもしバッツが来たら、いろんな運命も宿命も無視して突っ込んできてくれるでしょう。


最後に。
全然関係ないですが、ディシディアのフリオニールの顔立ちは結構ワイルドですが、PS版のFF2のCGイラストでは銀髪版スコールだったりする。
firion.jpg
マリアも幼くて可愛い。でも、こんな美男美女のはんらんぐんは嫌だ。やっぱ、天野氏のイメージがいいや。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

なでしこジャパン決勝! 見事アメリカを打ち破りました [できごと]

nadeshiko.jpg
msn 産経ニュースより拝借


サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会の決勝戦が無事に終了。
なんと、日本が世界一です。

なでしこジャパン、すごすぎます。

前後半戦では、アメリカが先制点。このまま終わってしまうのか!? と思いきや、後半に見事同点ゴール。延長戦へ突入。

延長戦でもアメリカが先制しますが、これまた後半に沢選手が同点ゴールをキメました。ロスタイムも過ぎ岩清水選手がレッドカードで退場しましたが、2-2でPK戦へ。

PK戦て見ていてハラハラするんですよね…自分がやるわけじゃないのに。当のゴールキーパーである海堀選手はどれだけプレッシャーがかかっているか、想像もつきません。でもやりましたよ!
一発目、足で止めたのは格好良かったなあ^^ ああいうファインプレイを見ると『キャプテン翼』の若林君や若島津君を思い出します。2回も止めたんですよ。アッパレでした。

なでしこジャパンはPK戦を3-1で制して初優勝となりました。
本当におめでとうございます。

ドイツの観戦者やアメリカ側のサポーターたちまで、最後は拍手と声援を送ってくれてましたよ。
これぞスポーツのだいご味ですね。

最近暗い出来事ばかり起きていたので、久々に楽しい気持ちになれました。
サッカーで世界一ですよ? これ本当にすごいことなんですよ。これからも突っ走っていってほしいですね。
自分が生きている間に日本が優勝する姿が見れるなんて、正直思っていませんでした。
野球に体操、柔道、フィギュアスケートなどなど…現代は日本人がとっても活躍していますね。素晴らしいことです。

さて、深夜から観戦していて夜更かししてしまったわけですが…そろそろ会社に行かないと…
さすがに眠いな。ちょっとつらいけど、心底観てよかったと思います。価値のある戦いでした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

DDFF 念願の4thフォーム手に入れたぞ part.1 [ディシディア]

7月6日にやっとPSSが再開されましたね~ホント長かった。
お詫びのサービスがあるみたいだけど、mediaGOからはアクセスできないらしい…
現在無線LANを使用していないのでこの為にPS3起動させるのが面倒くさい。しょうがないけど。

まあでもやっと念願のティナやユウナの4thフォームが手に入ったので、かなりテンションあがってます。
とりあえず全種類ゲット。これから少しずつやり込もうと思います。

さて、ここで4thフォームのお披露目。一部だけですけど。


◇ユウナ◇
012_FF_0082.jpeg
012_FF_0083.jpeg
012_FF_0084.jpeg
012_FF_0085.jpeg

つくりが凝っていてとても可愛いです。いつもの和服と全然違うので新鮮ですね!
銃攻撃がないのが残念。あとEXモードの時に変化がほしいところ。召喚が強化されるのは魅力あるけど、やっぱり姿なり武器なりが豪華になってほしかったです。


◇ティファ◇
012_FF_0086.jpeg
012_FF_0087.jpeg
012_FF_0088.jpeg
012_FF_0089.jpeg

ティファの衣装は今回ダウンロードしたものではないけどせっかくなので。
赤が似合いますね。いつもの服も格好良いんだけど、より大胆に色っぽい感じがします。靴も凝ってますね。
髪を銀髪にしてほしかったなあ…髪留めが素敵。


◇ティナ◇
012_FF_0090.jpeg
012_FF_0091.jpeg
012_FF_0092.jpeg
012_FF_0093.jpeg

もう感無量です。可愛くて仕方がない。雑誌で見ていた時にはそんなに凝ってる服には見えなかったんですが、よく見たらとてもつくり込んであるんですね。髪飾りは素敵だし、半透明な水色のマントが素晴らしい。
だがしかし! 青いショートパンツだと思っていた生地が、飾りだったわけで…下着が見えるのですね。
黒かった…まあ簡単には覗けないというか、下着に見えにくいというか…みなさん、あまり見ないでね。


◇バッツ◇
012_FF_0094.jpeg
012_FF_0095-b.jpeg
012_FF_0096.jpeg

バッツのは面白いんだけど単純すぎだな…いや、格好良いんですけどね。ダンサーなんだからこういう時こそ装飾品つけるべきなのに。ドットの再現だからとしても、あれは表現しきれなかっただけであってだな…せめてピアスくらいつけなさい。EXモードも★★★だけね。
皇帝を見てしまうと貧弱さが増すんですよねー。青魔姿も見たかった。


◇クラウド◇
012_FF_0097.jpeg
012_FF_0098.jpeg
012_FF_0099.jpeg

これもせっかくなので載せました。キングダムハーツの服だそうな。このゲームを買った友達がコードをくれました。結構格好良いですね。やっぱ凝ってるね…マントいいな、マント好きなんですよ。
羽根はセフィロスと同じか。


◇スコール◇
012_FF_0100.jpeg
012_FF_0101.jpeg

こちらはVジャンプの付録からゲットしたもの。これもキングダムハーツの衣装らしい。凝ってる!!
年齢が25歳という設定なんですね。じゃ、中身は成長したのかな? より男前になってますね。クラウドもセフィロスもそうだけど、ベルト好きね…着るの時間かかりそう。髪のセットもね。


◇セフィロス◇
012_FF_0102.jpeg
012_FF_0103.jpeg
012_FF_0104.jpeg

これもキングダムハーツの衣装か…雰囲気だけだけど、『幽遊白書』の鴉を思い出します。登場シーンで羽根がはらはら落ちるのがいいね。
しかし、彼らはキングダムハーツの世界に合っているのかしら…ディズニーでしょ? あのまんまの設定や性格を持っていったら、鬱話にならないか? 次つくるならまだバッツの方がいいんじゃないの。もっとも、ディシディア版のバッツのように馬鹿丸出しなのは勘弁。


皇帝やたまねぎはまた次の機会に披露します。
しかしよくできてますよね、このポリゴン。空中(空間)戦の格闘ゲームというと、タイトーの『サイキックフォース』が元祖といえます。あれは素晴らしい作品だったんですが、あの当時こんなに綺麗なポリゴンではもちろんなかったですよ。それでも充分綺麗に見えたんですよね…進化ってすごいな、つくづくそう思います。


012_FF_0105.jpeg
ヴァン&クラウド
ヴァンはクラウドやスコール相手にも遠慮なくKY発言するんでしょうね。いや、彼らには必要だと思いますよ。無駄に悩みすぎるからね。

012_FF_0106.jpeg
ティナ&ユウナ
DDFFで残念だったのは、ティナが他の女性陣と全然絡まなかったこと。それあるべきでしょーー! レポートですらないという…ティナが「ティファ」とか「ユウナ」とか「ライト」とか呼ぶの聴きたかったのに。逆ももちろんね。
声は無理だけどクエストに期待していますスクエニさん。

012_FF_0107.jpeg
クラウド&ティファ
名コンビ。この二人は恋愛関係というより友情関係がしっくりくる。【大事な仲間】っていい響きですよ。
変に恋愛にもっていくより、もっと深い絆があってほしいです。とかいいながら、ディシディアではクラウド&ティナの組み合わせにハマってしまったんですが…ティファ&カインの会話も新鮮でジーンときたんですが!
ライトに弱音吐くところなんか、可愛くてね。『FF7』の時無視しててごめんなさい(パーティには入れてたけど)。ティファがこんなに健気で可愛いとは思わなかった。バレットとデートしてすみません。

012_FF_0108.jpeg
クラウド&ティファ
…けっして覗いてませんよ――


012_FF_0109.jpeg
バッツ
このポーズが好きです。

012_FF_0110.jpeg
スコール&バッツ
このコンビも好き。バッツが馬鹿すぎるのはちょっといただけないんだけど…

012_FF_0111.jpeg
ユウナ
凛々しいです。回避の時の「せっと!」って台詞が可愛いな。

012_FF_0112.jpeg
ティナ
髪が短いのがいいです。涼しげで可愛い。

012_FF_0113.jpeg
ティナ
メルトン発動。
メルトンはぶっちゃけメルトダウンのことです。今の日本人には耳が痛い言葉ですね。
しかし現実に考えてみると、ティナの力は恐ろしいですね。セフィロスのようにならなくて良かった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『山口県光市母子殺害事件』 人間のクズには神的制裁を [事件]

光市母子殺害事件、来年1月に弁論差し戻し審で死刑、最高裁

2011.7.12 18:09

 平成11年の山口県光市母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われ、2008年に広島高裁の差し戻し控訴審判決で死刑とされた元少年(30)について、最高裁第1小法廷(金築誠志裁判長)は12日までに、弁論の期日を来年1月23日と決めた。最高裁は二審が死刑の場合、慣例として弁論を開き、検察、弁護側双方の主張を聴く。

 検察の死刑求刑に対し、山口地裁は犯行当時18歳1カ月だったことなどを考慮して無期懲役とし、広島高裁も支持した。しかし最高裁は、年齢について「死刑回避の決定的事情とまではいえない」と指摘し、特に酌むべき事情の有無をさらに審理するよう差し戻した。

 差し戻し審で元少年側は、殺意を一転否認し、傷害致死を主張。精神的発達が遅れていたとの鑑定書も提出し「成人同様の責任を負わせることはできない」と訴えた。

MSN 産経ニュースより抜粋







以下、私の勝手な感想になります。
女性を強姦目的で計画的に家に侵入し抵抗されたため殺害。その上、強姦。彼女の赤ちゃんまで殺害した福田孝行というクズガキ(今は大人だが)相手の話なので言葉使いがかなり汚くなっております。不快な方はスルーしてください。




まだか。まだやっていたのか…。被害者遺族である本村氏があまりに哀れでならない。彼はまだ戦わなければならないのか。
つくづく日本の裁判ってのは、ただやるだけで被害者の救済にはならないということがよくわかる。
殺意があろうとなかろうと関係ない。強姦した時点で極刑だよ。ガキだからとかいうのも関係ねえよ。
もういい加減法律を見直せ。ガキの凶悪な犯罪が多いんだよ現代は。

もともと裁判や法律は、被害者の復讐心を国が代行するためにあるんだがね。
日本ではあまりうまく機能していない。

というかこの事件、死刑判決が出たんだからさっさと執行しろよ。この件に限ったことではないが、担当大臣が自分の代でやるのはちょっと嫌だから…とかそんな理由で死刑囚はだらだらと生かされているケースが多い。冤罪の可能性を考慮して? いやいや、そんな理由ではない。

この事件は特に反死刑制度過激派のクズ弁護士どもがあーでもないこーでもない捲し立てて裁判を混乱させた。本当にこいつらは消えてほしい。ガキをフォローするだけでは飽き足らず、被害者や遺族の悪口まで言っているんだぞ。クズ中のクズである。本当、加害者の弁護側が力をふるうのは困ったものである。いや、加害者のレベルや種類にもよるんだがねえ。少なくともこのガキには弁論の余地はない。
死刑制度を反対って気持ちはわかるぞ? 人間の生死のジャッジを人間が行うことがいいいのかと言われたら、よくはないだろう。だが、その理論を無視して理不尽に人間の命を奪った輩にまで、その理論を通すのか?
被害者の命は、加害者の命より軽いってことかね。笑えないわ。

私は人間が人間を殺めることは、全てが悪いと思っていない。
特に正当防衛は、全て無罪にするべきである。もっとも、防衛が本当に正当だった場合だが。
例えば、強姦しようとした人間のクズをめった殺しにしたってかまわないだろう。今後第二、第三の被害者になるであろう女性の危機を未然に救うことにもなる。
こんなんで過剰防衛だなんて言われたらたまらない。じゃあ何か? おとなしく犯されりゃよかったのかよ。
情状酌量だの執行猶予じゃなくて、無罪。無罪でよい。
しかし裁判官も野郎が多いからな、痴漢や強姦に関してはまだまだ課題がいっぱいだ。

なんせ日本の場合、刑務所でちんたら暮らして刑期を終えればはいバイバイで監視も特にない。そして結果、また同じことを繰り返す可能性も大きい。
日本の国は何でも事後処理。やったらまた捕まえて裁判して刑務所にいれるだけなのである。
ちなみに強姦罪はまだまだ刑が軽い。男尊女卑の時代は過ぎ去ったのだから、死刑並みに厳罰にしろ。命が助かりゃいいってもんじゃねえんだよ。

正直、理不尽な犯罪を犯したクズの命は、枯れ葉よりも軽いと思っている。

だいたい、死刑の次に重いのが無期懲役。これがいけないのよ、これじゃ駄目。
刑務所暮らしが厳しいならいいけど、基本的に自由がないだけだからね。強制労働とかあるならまだいいが。
税金が無駄である。こんなクズにメシ食わしてやるぐらいなら、ホームレスの方達を救済しろ。こっちは無視かよ。なら犯罪犯したもの勝ちってわけだな。

とにかく、死刑反対って軽く言うな。宗教上の観念で言ってるならまだ無下にはできないが、単に『どんな理由があっても、人の命を奪うことは駄目だよ~』なんて簡単な考えで口を出すな。それはお前が平和にちゃんちゃらおかしく生きているからだ。物事深く考えてから言葉を紡ぎなさい。


『山口県光市母子殺害事件』 『名古屋アベック殺人事件』 『女子高生コンクリート詰め殺人事件』

この事件の、元ガキである男女の今生きているクズ犯罪者共。
なかには家庭をもっておもしろおかしく生きている輩までいる。更生したァ? ふざけるな。大した社会的制裁も受けず、周りに守られて職まであっせんされて、反省なんかするわけないだろ。反省したって意味ないしな。
更生なんてしなくていいんだよ、こんなクズは。
こいつらに天罰が下ることを切に望む。苦しんで地獄に堕ちてくれ…頼むから。


将来、こんなクズ共に強盗に入られたり殺されたりするのはイヤだ。死んでも死にきれない。
平成ベイビーももう成人の時代…日本はどんどん人間の質やモラルが悪化・低下している。
戦後アメリカに甘やかされたのがいけないんだろうなあ。日本人はやっぱり一度他国の支配下に置かれ、奴隷にでもなった方が国民意識は高まったのかもしれない。モノがあふれて感謝の気持ちも失った。
平和なことが当たり前になってしまった。
信仰心が薄れたのも原因か…簡単に人を殺害する。自殺する。

今一部の他国で自爆テロとか襲撃が多発しているけど、怖いとか愚かだとか言っている場合ではないぞ? 彼らは少なくとも譲れない思想や意志があってやっているんだ。たとえそれが間違っているとしてもだ。
この国を見てみなさい。こんな平和で安全(?)な国にいて、自殺者は内戦やっている国の死者より多いんだぞ? 「うるさい」って理由で赤ちゃん殴り殺す奴がたくさんいるんだぞ?

どこが平和だ。
とにもかくにも、理不尽な犯罪者には重罰を! ガキの重犯罪者は、せめて名前公表・現在住地開示しろ。
犯罪者を野放しにするな。












nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

『コクリコ坂から』やっぱ市原悦子氏に全役演じてもらえば?(笑) [映画]

なんてな。


今夏全国ロードショーの『コクリコ坂から』。

まあ観に行く予定なんですが、やっぱり声の演技が不安です。んーーー、かなり期待できない。

なんでこう毎回微妙な人選なんでしょ? 一部のスタッフの趣味なのかな。
判明しているのは
◇長澤まさみ氏
◇岡田准一氏
◇竹下景子氏
◇石田ゆり子氏
◇柊瑠美氏
◇風吹ジュン氏
◇内藤剛志氏
◇風間俊介氏
◇大森南明氏
◇香川照之氏

あのね、最近の声優が嫌ならば、せめて役者兼声優の大御所を使えよ。他にたくさんいいのがいるだろう。
はっきりいって、上記の中で芝居がまともにできるのは2~3人です。そう、演技自体大して良くないのよこの方達のほとんどは。このレベルの役者を起用するなら、素人でも無名でもいいから上手いのもってきてくれ。

なんで人気が出たのか、知名度が高くなったのかが不思議なくらい。それだけ今のテレビに出てくる役者は質が悪いってことなんでしょうね。ドラマ観ててもそうですね。下手っくそでしらけるのが多い多い。
演技が下手くそなのに、ストーリーはシリアスで複雑なのが多いので、余計幻滅するんですよ。
しかも、顔だけすごくいいのかと思いきやこれもまた大したことない。なのに巷では、イケメン・美人と言われる。よっぽどいいのがいないのね…
演劇やミュージカルの役者の中からもっと実力のある人がテレビに出て活躍してくれるといいんですけど。

とりあえず 知名度=演技が上手い ではないので、いいものが作れるはずがない。
ま、でも映画を観てみて案外良かったら謝罪いたします。お金を払うからには本当は楽しめた方が良いしねー。

ただ、今回も他人の作品でしょ。『耳をすませば』もそうですが、少女マンガをこの絵でやるのにはちょっと抵抗あります。しかも好きな作品だったし…。
私は30年以上宮崎氏の絵のファンですが、やっぱり原作を超えることはありえないんですね。この絵じゃ面白さが半減するんですよ。うん、イメージが合わない。なんでかな、少女マンガ好きなのかしらね。趣味はいいと思いますよ、本当にいい作品ですから。でも、あの絵は合いません。
原作が大好きだった方はあまり嬉しくないと思いますよ。

映画期待されている方、辛口ですみませんね^^
耳と目が肥えているもんでね。どうしても作品を大事にしないスタッフが許せないんです。プロ意識がないというかねえ。いいものを作るより、そこらへんの人気のある奴出して客を釣って売上を上げたいってね。
いや、商売としてはそれでいいんだけど。チケット買わせたもん勝ち。

「どうだ! 素晴らしい作品だろ」と思ってるんなら、愚の骨頂である。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。